過去の活動 2009年度

Share2009ではこれまでのIBコースから名称をM&Aコースに変更し、開催時期も早期に始まる投資銀行やコンサルティングファームの選考に合わせてM&A業務を参加者の皆様に体感して頂くために、6月に変更しました。このほか、プロジェクトファイナンスについて金融機関・事業会社の両者の視点から学べるPFコース、ファンドの立案を学べるAMコースの3つの勉強会を継続して開催しました。

M&Aコース

日付内容説明
6月6日 M&A概論 M&Aの基礎知識と業務の流れについて学んで頂き、実際に買収企業の現状分析を行って頂きました
6月7日 企業分析 財務諸表の見方や各指標について学んで頂き、企業分析に関するグループワークを行いました
6月13日 バリュエーション 企業価値に関する基礎や手法について学んで頂き、実際に企業価値の算出を行う演習を行いました
6月20日 プレゼンテーション 各チームの買収提案に関して講師の方々を経営者に見立てプレゼンテーションを行い、優秀チームの表彰を行いました

PFコース

日付内容説明
8月22日 金融機関から見たPF・事業会社から見たPF プロジェクトファイナンスの基礎や事例について金融機関、事業会社の各視点から学んで頂きました
8月23日 グループワーク 大規模PFI案件における金融機関にとって重要なリスクを理由と共に3つ選びそのリスクへの対応策を考案頂きました
8月24日 プレゼンテーション 講師の方々にプレゼンテーションを行い、優秀チームを決定して頂きました

AMコース

日付内容説明
9月5日 開会式・アセットマネジメントの世界観 講演会やチームごとのアイスブレイクを行い、資産運用の基礎について学んで頂きました
9月12日 銘柄選定と分析 各ファンドの投資哲学における銘柄選定の手法について学んで頂き、チームごとにどのような指標を用いるか等を考えて頂きました
9月13日 債券投資 債券に関する分析方法やマクロ経済との関連性について学んで頂き、実際に世界債券ファンドの組成を体験して頂きました
9月26日 ポートフォリオ構築 リスクとリターンの関連性について学んで頂き、各チームのファンドに存在するリスクについて考えて頂きました
10月18日 プレゼンテーション・閉会式 各チームのファンドに関してプレゼンテーションをして頂き、発表後に講師の方から審査・講評を頂きました